会社について

代表者メッセージ

「食のインフラ」と言われるイシダグループは、産地・加工・製造・物流から小売店に至るまで、
  全てに関わる食品業界の縁の下の力持ち的な存在です。

小売店で売っているお肉やお魚をパックしてラベルを貼る機械、野菜や冷凍食品やポテトチップスを
計量・包装・検査・箱詰めしている機械、コンビニエンスストアのおにぎり、サンドイッチ、
お弁当にラベリングして、印字内容を検査する機械など、北海道イシダはその全てを扱っており、
食の安全・安心を支えています。

世の中が劇的に変化する中、北海道のお客様に真のパートナーとして選ばれ、
北海道のお客様に信頼と期待と喜びを!ご提供し、
北海道経済と社会に貢献出来る企業を目指し、邁進して参ります!

事業内容

 【計量・包装機器全般、異物検出器、店舗・工場・物流システムなどの販売及びメンテナンス】
「食のインフラ」として、産地から小売業まで食のすべてにおいて、”はかる”・”包む”・”検査する”・”表示
する”・”つなぐ”の5つの提供可能価値で、お客様に信頼と満足を提供する企業として事業展開
しています。

会 社 情 報

社名

北海道イシダ株式会社

本社

〒003-0026

北海道札幌市白石区本通1丁目南1番10号

Tel:011-863-4111 Fax:011ー863-3553

代表者

代表取締役社長 笠井 剛

設立

1968年4月

資本金

5,000万円

事業内容

【計量・包装機器全般、異物検出器、店舗・工場・物流システムなどの販売及びメンテナンス】
「食のインフラ」として、産地から小売業まで食のすべてにおいて、
”はかる”・”包む”・”検査する”・”表示する”・”つなぐ”の5つの提供可能価値で、お客様に信頼と満足を提供する企業として事業展開しています。

自社HP

https://www.ishida.co.jp/ww/hokkaido/